歯科でのホワイトニングでいつまでも白い歯を保つ

ホワイトニングの流れ

ピースサインを送る

「白く輝く歯」を持っている人は、表情が生き生きとしています。何事にも積極的で、他人に好印象を与えます。
「歯」は、私たちの生活に大きな影響与えます。歯にコンプレックスがあると消極的になったり、表情が乏しくなります。
生き生きと暮らすためには、「美しい白い歯」が重要な役割を果たすと言っても過言ではないでしょう。今日では若い世代を中心に、「白い歯」に対する憧れが強くなっています。
このような流れの中、多くの歯科医院では「ホワイトニング」治療を行なうようになってきました。歯科医院でおこなう治療は、「オフィスホワイトニング」と呼ばれています。
30%前後の「過酸化水素水」を含有するペーストを歯に塗布します。これに光を当て薬を活性化し、歯を漂白します。
歯の健康状態を診察してから、治療が可能になります。

「ホワイトニング」の需要が増加する今日、多くの歯科医院で治療が行なわれるようになってきました。
この治療は「健康保険」が適応されないので、自由診療となります。
そのため、各歯科医によって料金設定が異なります。
この治療は白くしたい歯の本数を選ぶことができるので、1本からでも可能です。
近年では「上顎」または「下顎」のみや「全ての歯」、での価格設定が多く見受けられます。
上下全ての歯の1回の治療には、5万円前後かかるケースが多いようです。
「オフィスホワイトニング」は1回でも効果がありますが、数回繰り返すとより白さが持続します。
また、これと併用して自宅で行なう「ホームホワイトニング」を行なうことで、白い歯を数年持続することができます。