レディ

ボトックスの魅力

ナース

ボトックスでしわを軽減

ボトックスは近年、テレビやインターネットなど多くのメディアで注目されている美容術です。女性は年齢を重ねると顔のしわに悩む人も多いですが、顔を整形するとなると抵抗を感じる人も多いと思います。ボトックスは整形手術をせずに、注射だけで簡単に顔のしわを軽減させることができる施術です。そのため整形に抵抗がある人でも、気軽に行うことができるのがボトックスの魅力です。ボトックスとはボツリヌス菌という食中毒の原因菌がつくるタンパク質を薬として用いられるように加工したものです。毒というと怖いと感じるかもしれませんが、正しく使えばきちんと薬として使用することができます。またボツリヌス菌自体を注射するわけではないので、ボツリヌス菌に感染する危険はありません。ボトックスは1980年代から本格的に使用されはじめ、日本で眼科の治療薬として20年、美容整形の分野で使用されるようになってから10年以上の歴史があり、多くの前例データにより、今では確実で安心のできる治療が行えるようになってきています。その安全性の高さから、日本でも多くのクリニックでボトックスが使用されています。肌のしわは、筋肉を動かすことによってできてしまいます。筋肉を動かすときアセチルコリンという物質が神経から発生し、脳から筋肉を動かすよう指令が出されます。このアセチルコリンが過剰にでてしまうことにより、顔の表情筋が必要以上に動き、それを繰り返すことによって、しわが発生する原因となります。ボトックスは神経からアセチルコリンが過剰に出てしまうのを抑え、筋肉の動きをやわらげることで、しわを軽減します。ボトックスによる治療は手術を行わないので、手術を伴う施術と比較して、回復に時間がかかりません。麻酔を含めて20〜30分程度の施術時間で済んでしまいます。多くの人は、治療後数日で徐々に効果を実感することができます。そしてその効果は3〜4ヵ月程度持続します。効果を継続したい場合は、その都度注射をする必要があります。ボトックス治療には様々なバリエーションがあり、顔の眉間や目じりのしわ取り、多汗症ワキガなどのわきの治療、エラやふくらはぎに注入することによって小顔効果、脚の筋肉を細くする治療など、多くの治療を行うことができるようになってきています。